美容外科で脂肪吸引や目元若の返りを行う【キラキラ綺麗カラダ】

そのものを除去

脂肪吸引は脂肪細胞そのものを吸引して除去するため、確実にサイズダウンが可能です。リバウンドもありません。ダイエットをしても人によって太ももや腹部、二の腕など痩せることができない部分が残ることがあります。そのときに、脂肪吸引を行えば、痩せなかった部分の脂肪を除去することができます。1980年代に本格的にはじまった脂肪吸引は、カニューレという細い管を太ももなどの脂肪を除去したい部分に挿入し、機械の力で脂肪細胞を吸引し、除去します。初期には出血が多いなどの問題点もありましたが、1990年代に麻酔や生理食塩水を注入しながら行う方法が開発され、出血や痛みが少なくなりました。また同じ時期に、体外から超音波を照射し脂肪を柔らかくしてから吸引する方法が開発されています。脂肪吸引は体に負担をかけない方法を開発しながら進化しています。

脂肪吸引は初期には体への負担が大きく、ダウンタイムも長く、患者に負担のかかる手術でしたが、1990年代にカニューレの先から超音波を出して、じかに脂肪細胞の細胞壁を破壊してから吸引する方法が開発されました。これにより血管や組織を傷つけるリスクが大幅に減少されました。 2000年代からは脂肪吸引は脂肪を凍らせて破壊して体外に排出する方法や、従来に比べてはるかに大量の脂肪を吸引できる機械が開発されるなど多様な方法が行われています。そのため、脂肪吸引の人気は高まっています。 太ももや二の腕、お尻などのパーツ別に脂肪吸引をすることが可能になり、いわゆる部分痩せとしての効果を期待する人に人気が高くなっています。太ももなどは立体的にサイズダウンを行うため、美しいラインを得ることが可能になりました。今後も脂肪吸引は機械が進化し、施術を受けたいという人も増え、人気の高さは衰えないとみられます。